MENU

転職して年収100万以上アップ!

薬剤師の求人はたくさんありますが、『年収』って最も重要な要素の一つじゃありませんか?正直600万円以上あれば嬉しいですよね〜。( *´艸`)
でも年収600万円であれば何でも良いというものではなく、働き方も重要ですよね。実際に転職してみたら激務で、サービス残業が横行していた…なんて職場だったら自分の時間が取れなくなってしまって「あぁ…転職失敗」ってことになりかねませんから…。

 

でも安心してくださいね!私自身がそうだったのですが、転職によって年収が100万円以上アップしましたし、いま残業もほとんどなく働いています!ちょっとしたコツで理想の働き方を追い求めつつ高年収をガッチリ手にする方法はあるんです!

 

薬剤師 求人 600万以上 万博公園

まず初めに私の自己紹介を少しだけさせて下さい。
私自身も何を隠そう、皆さんと同じ薬剤師で、薬剤師の平均年収がそんなに高くないと言われる大阪に住んでいます。何も特別優れたスキルを持っているわけでも素晴らしい経歴の持ち主でもありません。休日には子供を連れて万博公園のイベントに参加したり、関空の旅博に参加したりと大阪府内を飛び回っています。アウトドア派でもあるので、子供を連れて金剛山に登りに行ったりもしているんですよ。山の頂上で食べるカップラーメンが最高においしくてお勧めです(^_-)-☆

 

そんな私が転職を考えたのは就職してから5年が経とうとしていた時でした。
少しでも高い給料で、そのうえ残業も少なくしっかり休みも取れるような職場で働けたら言うことないなぁ…でもそんなに都合のいい職場なんてないだろうなぁって考えていました。

 

私は卒業後、まず全国展開をしている大手のチェーン薬局に就職しました。一般薬剤師として3年程働き、4年目からは店長兼管理薬剤師を任されるようになりました。年収は月30時間弱の残業代を含んで500万円にようやく届くかどうかというようなものでした。独身のうちはそのくらいの年収でも満足できたのかもしれませんが、結婚を機に出費が増えたうえに将来の子供の教育費なども考えると貯金が全然できないのでは…という不安に襲われました。(;´・ω・)

 

さらに数字の上では残業月30時間弱でしたが、実際は朝早くから出勤して管理業務をこなしたり、夜も遅くまで残って施設調剤をしたり資料を整理したりといった感じでサービス残業もかなりありました。朝早く出勤してもその分は残業とみなされませんからね…。おそらくサービス残業を考えると月平均80時間くらいは働いていたと思います。

 

「このままでは心身ともに疲れ果ててしまう。しかもこんな収入では子供に満足な教育を受けさせることもできないかもしれない…」と不安を感じた時に『転職すればどうなのかな』という考えがぼんやり浮かんできました。

 

薬剤師 求人 600万以上

当時は新卒から働いていたその会社しか知らなかったので、その会社の給与体系が世の中の薬剤師のすべてというような考えでいました。とにかくいま以上に年収アップさせるためには出世していくしかないのかな…でもあんまり薬剤師以外の仕事はしたくないな…。それに出世したらもっと激務になるのかな…などなど、マイナスなことばかり考えていました。

 

というのも、その会社ではエリアマネージャーや、さらにその上の部長クラスにまで上がれば年収600万円以上も実現できるというような話を先輩や同僚から噂レベルでは聞いていましたし、店長レベルではそこまで年収は上がらないよ、という話を40歳代後半の先輩店長に聞いていたので…。

 

しかし店長よりも上に上がると、薬剤師としての仕事というよりは人の管理や行政対応などまさに『管理職』というような働き方であり、まったく魅力を感じませんでした。しかも残業代という概念はない上に、朝から晩まで引っ切り無しに電話がかかってくるような働き方で、そんなの絶対にしたくない!というような思いがありました。

 

そんななか、同じような愚痴を言い合っていた会社の同期が私よりも先に転職をし、「年収が飛躍的に上がったし残業もほとんどなくて、毎日充実しているよ。転職して良かった!」という話をしてきました。その話を聞いたこともあり私もさらに具体的に転職を考えるようになりました。転職の経験がない為、かなり不安でしたけどね。周囲からも転職なんてそんなに簡単にするもんじゃないって言われたりしていましたから。(*_*;

 

…で、実際に私が転職をした結果からお話すると…年収600万円を実現したうえに、残業もほぼゼロになりました!残業代を足して500万円前後だったことを考えると150万円以上も年収アップしたのです。転職を決断してホント良かった〜って心の底から思いました。(^^♪

転職サイトでの良き担当者との出会い、そして転職決定まで

しかしそのような結果にたどり着くまでは色々と悩みましたし、大変でした。当時の私は実際にどのように転職先を探せばよいのかまったくわかりませんでしたから。求人広告を毎週眺めては、どんな職場なのか紙面上だけではわからないし、電話をかけるのもなんか躊躇してしまう…というような感じでした。(^-^;

 

薬剤師 求人 600万以上 相談

そこで先に転職した同期の友人にどうやって探したのか聞いてみると、「転職サイトに登録して探してもらったよ」ということを教えてくれました。

 

「転職サイトって…どうなの?大丈夫なの?」当時の私はそんなイメージでした。
でも自分で探すと言ってもどこでどう探せばいいのかわからず行き詰まった状況だったので、半信半疑でとりあえずネットで検索してみて、出てきた薬剤師専用の転職サイトに登録してみました。

 

まずは1社。ネット上の登録フォームに必要情報を入力してから登録ボタンを押しました。ネット上で個人情報を登録するなんて、危険がいっぱいあるのでは…など色んな不安がありましたが、登録をした翌日に転職サイトの担当の方より私の携帯に電話があり、「実際にお会いして面談させていただきたいので場所を指定してください。どこへでも行きますし、個人情報は絶対に守りますよ」というような話をいただき、ちょっと安心しました。さらに当時の私の働き方として、朝から晩まで職場に張り付き状態でしたから、会いに来てもらえるのはかなり助かりました。

 

薬剤師 求人 600万以上 コンサルタント

面談の日時はこちらで指定できるとのことで、仕事が少し早く切り上げられる土曜日に職場の近くまで来ていただくことにしました。
当日は喫茶店で面談をしていただいたのですが、コーヒー代を負担していただいたことにビックリしました。そんなこと考えてもみなかったのでかなりの衝撃を受けましたが、担当の方が「転職の相談から転職先決定、そして転職完了後も一切お金はかかりませんから安心してください」と教えて下さいました。

 

至れり尽くせりでありながらお金を払わなくていいなんて、どれだけサービス精神旺盛なんだろう!…でも何か裏があるんじゃないの?って少し不安になりましたが、転職サイト自体は希望者が無事に転職先を決めることができた際に、その年収に応じた報酬を得ることができる仕組みになっているということを教えていただき、ひと安心しました。(;´∀`)

 

ということは、転職サイトにしてみればいかに高い年収で転職させることができるかということが重要なわけで、親身になって転職先をさがしてくれる理由がそこでようやくわかりました。

 

ここで実際に私自身が利用してみた中で、特におすすめの転職サイトを以下に載せてみましたので、もしよければ参考にしみてくださいね。

 

おすすめ転職サイトランキング

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

 

最終的に私はファルマスタッフで転職先を決めました。とにかく担当者の方の人間性に惚れた…って感じなのですが、その方の言葉で印象的なものがあります。

 

「私は転職をただ斡旋するだけの業者ではありません。理想の職場探しのお手伝いをさせていただくだけです。どれだけ時間がかかっても結構ですので、安易な決め方だけは絶対にしないでください。転職する時だけが良ければそれで良いというわけではありません。10年先、20年先のことを見据えたうえで本当にあなたに合った職場を選択することが大事ですので、妥協はしないでくださいね。私も理想の職場に出会えるまではとことんお付き合いをさせていただきますから。」というもの。

 

素敵じゃありませんか?まあ仕事なので営業トークなのかもしれませんが…。(;´∀`)

 

また、職場の雰囲気や、実際に働いている人が40歳や50歳でいくらぐらいもらっているのか、といった具体的な数字までこっそり教えていただき、10年後に自分が働いている姿もしっかりと想像することができましたので、非常に選択肢の幅が拡がりましたし、転職先を選びやすかったです。そんな裏情報もたくさん持っていると感じたので私の一番のお勧めです!

 

>>ファルマスタッフの公式サイトはこちら

 

アプロ・ドットコム

アプロドットコム

 

担当してくれた方はバリバリのヤリ手営業マンという感じで、談笑しながらも的確に私の希望を聞いてくれました。こちらでは面談にかなり力を入れているみたいですね。

 

私が転職先を決めてしまうまでの間、コンスタントに案件を紹介し続けてくれました。この『紹介し続けてくれた』というのがかなりポイント高いと思います。また、その職場の様子や具体的な残業時間なども丁寧に教えてくれました。とにかく私の条件に合うように相手先としっかり話をした上で案件を提案してくれていましたので、今回は縁がなかったのですが、また機会があれば相談してみたいと思います。世間の評価も高いみたいでかなりお勧めですよ。(^^)v

 

>>アプロ・ドットコムの公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

 

私の希望条件にうまく合致する案件がたまたまたくさん重なっただけなのかもしれませんが、マイナビ薬剤師はとにかく案件数では一番多かったと思います。

 

あらかじめ電話で簡単に希望を伝えた上で、実際にマイナビ薬剤師の大阪営業所に面談に訪れたのですが、面談前にも関わらず15件ほどの案件をズラ〜っとテーブルの上に並べていただき、その圧倒的な案件の多さにビックリさせられました。「え?こんなにあるの?( ゚Д゚)」って感じでしたね。

 

魅力的な案件もたくさんあり、最後まで迷ったのですが、今回は縁がなく転職先を決定するまでには至りませんでした。正直こちらで転職先を決めていてもおかしくなかったのではないかと思います。かなりお勧めですよ!

 

>>マイナビ薬剤師の公式サイトはこちら

 

 

転職サイトの担当者との面談後、「希望される職場の条件は把握しましたのでこの後はメールでの連絡になります。2〜3日後に案件をいくつか提案できると思います。」と言われ、後は連絡を待つだけという状態になりました。そしてなんと翌日には担当の方からメールで連絡があり、3件の案件を出していただきました。

 

「へ〜こんなに早く連絡が来るのか〜」とビックリしたのと同時に、せっかく職場近くまで足を運んでいただき、丁寧に面談をしてもらった上にコーヒーまでご馳走になったので、早くその対応に応えなければ…!というような気持ちになりました。(;^ω^)

 

薬剤師 求人 600万以上 相談

何となくその焦りにも似たような気持ちから3件のうちのどれかに決めようと思い、先に転職した元同期にもその話をしてみると、「え?サイト一つしか登録してないの?いや、もっと登録しないと…。それぞれ持っている案件の種類とか得意な地域にも差があるらしいよ。ましてや担当さんの質とか性格とかにも色々差があるから、一つのサイトで決めてしまうのはちょっとやめた方がいいんじゃない?きっともっといい条件の職場があちこちに潜んでいるよ」というようにアドバイスしてくれました。

 

私は性格上、人の意見に流されやすく、「確かに言われてみるとそうかもな…」という気持ちになり、担当の方に「もう少しじっくり考えたいからちょっと時間が欲しい」という話をしました。すると担当の方からは「え〜早く決めないと…せっかくいい案件なのにすぐに他の人にとられちゃいますよ。こんなにいい案件はまたすぐに出てくるとはかぎりませんよ。」というようにせかされてしまいました。(;´・ω・)

 

私は「こんなにグイグイ来られたらちょっと嫌だな…」という感覚になりました。せかされると人間、ちょっと嫌になりませんか?確かに担当の方からすれば、私に早く転職先を決めてもらった方がすぐに収入を得られるうえに回転率もあがりますので、そうしたい気持ちはわかりますが、私にしてみれば非常に大事な選択なわけです。そのような対応をされてしまったので、一気に嫌になってしまいました。

 

そして元同期の話の通りそのあと5社に登録しました。登録してみてわかったのですが、本当に持っている案件に違いがありすぎます!そして担当者の方の質にも…。皆さんも、もし転職サイトに登録をされるのであればできるだけ複数のサイトに登録されることをお勧めします!

 

結果的にたくさん登録したことによって選択肢の幅がかなり拡がりましたし、実際に納得のいく転職ができたのはもう言うまでもありません!

 

 

転職によって本当に充実した毎日を送ることができています

 

転職する前までは寝ても覚めても仕事のことを考えていましたし、とにかく朝早くに出勤しないと追いつかないぐらいの仕事量でした。人員不足の中で100人規模の施設調剤をしていたこともあり、とにかく仕事に追われていました。自分の時間なんてホントに無かったなぁ…。(ノД`)・゜・。

 

前にも書きましたが、転職するまではひとつの会社のやり方しか知らなかったので、私にとってはそのやり方がすべてであり、それ以上の発想を持つこともできなかったのですが、いまの職場では本当に色んなことが効率的であり、そのことが残業を減らすことへ繋がっていると感じています。

 

例えば薬品納品時の扱いにしてみても、前の職場では一つ一つの期限とロットを紙ベースの納品台帳に手書きで書いていたのですが(仕事がすべてマニュアル化されていて必須の仕事でした)、いまの職場では納品データ自動取り込みによるデータ管理ですべてまかなうことができますので、あのムダな作業は何だったんだろう…って思いますし、それだけでも毎日30分は変わってきていると思います。

 

薬剤師 求人 600万以上 焼肉

さらにプライベートでは残業がほぼゼロに近くなったことで、趣味のロッククライミングの時間をたくさん設けることができるようになりましたし、年収アップによって家族の大好きな焼肉に行く回数が増え、子供たちも大喜びしてくれています!

 

その他にも、いまの職場は変にマニュアル化されていない職場で、自由な発想を持つことによって自分自身のスキルアップを実感していることや、子供との楽しい時間が増えたことなど書きたいことが山ほどありますが、ここでは書ききれません。でも転職することによってパーッと目の前が開けたような感覚を持つことができ、世界観が変わったと自信を持って言えます!今の働き方や収入に不満のある薬剤師のみなさん!登録は無料ですから、ぜひ一度転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

薬剤師 求人 600万以上

いかがでしたでしょうか?
世間には探せばいくらでも良い条件の転職先があるということがおわかりいただけたのではないでしょうか?いま以上に充実した日々を送りながら、さらに年収アップを実現する!そんなことが誰にでも可能なのです。

 

でもこれだけは注意しておいてください。ただ年収が高いから…っていうだけで安易に転職先を決めてしまわないようにしてくださいね。
実際に転職した後の働き方と、あなたが10年後20年後にその職場で働いている姿を具体的に想像してみることがとても大切です。
その上で本当に納得のいく転職先を決めることが最も重要であるということは忘れないでくださいね。

 

それではこの記事を少しでも参考にしていただいた上で、素敵な職場に巡り合えますことを心よりお祈りしております!